androidのシェア率|アプリ開発の厳しさ

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

激化するアプリ開発

2台のスマホ

今ではほとんどの人が持っているスマートフォンは、新しい端末の開発に加えてアプリ開発も常々行われています。特にSNS業界やゲーム業界の数あるジャンルの中でも特に売り上げを伸ばしています。その業界での競争は激しく、ほぼ毎月違うアプリが登場しては消えというのを繰り返しているほどの開発スピードで入れ替わりがおきているのです。そんな舞台に立とうと新たにアプリ開発をする会社は多く、またそれは個人でも同様に行われています。年々アプリ開発ソフトの操作がしやすいものが登場し、今では一般の人でもアプリ開発をしやすい環境になっています。また、今まで開発言語は特定のものしか利用ができませんでしたが、アプリ開発ソフトが増えるにつれ、使用できる言語の種類も増えてきました。

アプリ開発を制作会社に依頼し、つくってもらう場合は次の順序で行われます。まず始めに電話で問い合わせをし、開発したいアプリの内容やデザインなどを伝え、改善できる点などがあればアドバイスをいただけることもあります。具体的な開発の内容が決まれば、見積もりして同意すると開発開始です。システムの全体像から設計し、システム構築を行っていきます。UIやUXデザインをしてアプリが完了したら、動作チェックをします。この段階で不具合などがなければ納品です。納品が終わっても、定期的なシステムのメンテナンスは必要になってくるので、そういったメンテナンス作業もアフターフォローのしっかりした制作会社であれば行ってもらえます。依頼前に料金だけではなく、アフターフォローがしっかりしているかどうかもチェックしておきましょう。

スマートフォンは新しい端末が開発されるたびに新しい機能が実装されてきます。カメラ機能に新機能が実装されたり、タッチの操作が変わったりと今までになかった操作が追加されることにより、アプリもそれに対応した最新のアプリが求められます。現在スマートフォンには様々な操作方法が存在します。タップやスワイプ、シェイクの他にもピンチイン・ピンチアウトといったものがあります。カメラに関していえば、パノラマ撮影ができるになり、新しいものでは空間を撮影するというアプリも登場しました。今後もスマートフォンは続々と新しい機能が追加されてくるので、それを利用したアプリにも期待です。