知人に子供が産まれたら

赤ちゃん

出産祝いを贈る場合、親族間や身近な知人の場合は金銭を贈るのが一般的です。それだと気を使う場合はお祝いの品でも問題ありません。その際は、バスタオルやおもちゃなど育児で使えるものを選ぶと喜ばれることでしょう。

詳しく見る

Menu

形と色は多様化

女の子

選ぶときのポイント

ランドセルは小学校入学を控えた子供にとって最大の贈り物といえます。両親が買うのがもちろん圧倒的に多いのですが、場合によっては祖父母などが贈ることもあります。ただランドセルを使う年頃になると、子供もある程度好みが出てくるので、子供の意見もふまえて選ぶのが大切になります。ランドセルの色や形は多様化する傾向にあります。女の子向けのものといえば赤かピンクくらいが定番でしたが、近年は水色、黄色、薄紫、クリーム色など様々な色があります。女の子向けでもあえて焦げ茶や黒などの渋い色を選ぶこともあります。形は基本的に従来通りの形をしていますが、女の子向けだとラメがついていたり可愛らしいステッチが入っていたりすることも多いです。価値観が多様化するにつれ、色などのバリエーションも豊富になっているのです。女の子向けのランドセルを選ぶときは、こうした色などの好みに加え、素材、値段、機能、六年生になっても使えるものかという観点で選びましょう。素材は大きく分けて合皮と本革があります。合皮は軽くカラーバリエーションが多様なのが特徴で、本革は使い込むほど体になじみ耐久性が高いのが特徴です。値段は本革の方が高いです。本革は重いので小柄な子には注意しましょう。また、一年生になる前の好みで選んでしまうと、六年生になったときに困ることもありえます。ある程度は尊重してあげるとしても、あまりに子供っぽいデザインでないかなどは周囲が判断すべきでしょう。

安すぎるものは選ばない

子供たち

今のランドセルの相場は人工皮革のもので3万円から5万円となっています。あまり安いものは6年間使えないこともあるので選ばないようにしてください。女の子には軽いことが重要なので、軽量化されたものを選び、実際に背負って背中の隙間などを確認してください。

詳しく見る

孫へのプレゼント

子供たち

祖父母からランドセルをプレゼントされると女の子も嬉しいですが、親も費用負担が少なくなり嬉しいものです。早めに購入しないと売り切れてしまうので、夏休みやお盆休みを利用して祖父母と女の子を連れて購入しにいってください。

詳しく見る

子供向けのものが多い

赤ちゃん

出産祝いは赤ちゃんの誕生を祝って贈るものなので、赤ちゃん向けの服やおもちゃなどが定番の品物です。お母さん向けにノンカフェインの飲み物やお菓子などを贈ることもあります。贈るときは本人にほしいものを聞くのがおすすめです。

詳しく見る

入学祝の定番

ランドセル

ランドセルは、今はいろいろな色がそろっています。赤に限らず、女の子の好きな色で選んであげると良いと思います。また、小さいお子さんの体に合うものを選んであげると、負担が少ないです。できれば実際に背負ってもらって選ぶと良いでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 女の子にランドセルをプレゼント【機能性とデザインをチェック】 All Rights Reserved.